医療アートメイク専門の予約ポータルサイト

アートメイクの3Dと4Dの違いは?費用や施術可能なクリニックを紹介

アートメイク基礎知識

従来のアートメイク(2D)といえば、ベタ塗りのような仕上がりで見た目が不自然になりがちでした。
なかでも、顔の印象を大きく変える眉のアートメイクは自然を重視したいものです。
一方で現代の3D、4Dと呼ばれるアートメイクなら、まるで本物の眉のように自然な仕上がりが可能となっています。
メイクをしているときはもちろん、すっぴんでもごく自然な仕上がりになると話題です。

とはいえ、
「3Dや4Dって何が違うの?」
「そもそも従来の2Dとどう違うの?」
など疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

今回は、3Dや4Dの違いはもちろん、従来のアートメイク(2D)との違いについてもくわしく解説していきます。

眉アートメイクにおける3D、4Dの違い


昔のアートメイクといえば、ベタッとした仕上がりで不自然なイメージを持つ方も少なくないと思います。
ですが現代の3D技法、4D技法なら、繊細に色味を入れることでよりナチュラルに仕上げることができます。

ただ色味を入れるだけではなく、毛並みだけ整えたように見せたい、生えてない部分にも生えたように見せたい方にもおすすめな3D、4D技法。
まずは、3D、4D技法の施術内容や仕上がりの違いについて紹介します。

3D技法とは

“ストローク法”とも呼ばれる3D技法は、毛1本1本を手彫りで描く施術法です。
手彫りで細かい傷口を作り、そこに色素を注入することで細かい毛1本1本を再現した仕上がりになります。

眉全体に色味を入れる2Dとは違い、本当の眉のように立体的な仕上がりが期待できるため、すっぴんでも浮くことはありません。
また、生まれつきで部分的に生えない眉を調整することもできるため、ごくナチュラルな仕上がりを好む方におすすめのアートメイクといえます。

4D技法とは

4D技法は、従来のグラデーション技法と3Dの技法を両方取り入れたアートメイク。
グラデーション技法とは、3D技法と違って手彫りで色味を入れるものではなく、専用のマシンを使ってパウダー状に色味を足していく技法です。
一般的には3D技法とセットでおこないます。

ちなみに、グラデーション技法は従来の2D技法とも呼ばれます。
グラデーション技法は、眉頭から眉尻に向かって徐々に薄く色素を入れていくのが特徴で、全体的に色味を入れることで、パウダーで描いたような眉を手に入れることができます。

しかし、すっぴんになったときに不自然に感じてしまったり、ベタ塗りのような仕上がりに違和感を覚える方も少なくありません。
また、眉の濃さが均一になりがちなので、一昔前の印象に見えがちです。

眉1本1本が生えたように見える3D技法のよさを生かし、4D技法はアートメイクと気づかないほどの自然な仕上がりが期待できます。

クリニックによって3D、4Dの定義は違う

実は、クリニックによって3D技法や4D技法の定義が異なる場合があります。
あるクリニックでは、手彫りで毛を再現する技法(先述の3D技法)を「4D」と呼んだり、クリニックによって5D、6Dと呼んだりすることも。

毛並みを手に入れたくて3D技法をお願いしたくても、クリニックによっては「3D技法=グラデーション技法だった…」ということも珍しくありません。

技法の名前だけで判断しては、思い通りの仕上がりにならないケースもあります。
眉のアートメイクを検討している方は、クリニックの施術内容や仕上がりについてしっかり確認しておきましょう。

3D、4Dのメリット・デメリット


3D、4Dそれぞれの技法についてはご紹介した通りですが、アートメイクで理想の形に仕上げるためには、それぞれのメリット・デメリットを考慮することもポイントです。

3dのメリット・デメリット

1本1本手彫りで色味を入れていく3D技法は、人の手でおこなう繊細な施術。
まるで本物の眉毛が生えたように見せることが大きなメリットです。
従来のグラデーション技法とは違い、眉の色や形に合わせて微調整でき、メイクを落としても眉が目立たないため違和感がほとんどありません。

2Dのようにペンシルでベタ塗りしたような仕上がりにならないため、自然な毛流れを再現。
3D技法に向いているのは、部分的に眉毛を足したい、毛並みを揃えたい人、眉毛の毛が細い人、キリッとした眉毛に仕上げたい人、また普段メイクをしない男性などが挙げられます。

デメリットとしてあげられるのは、施術時の痛みや経過によるムラです。

一般的に使用されるクリーム麻酔の場合、痛みを感じないわけではなく、力加減や針の入れ方で痛みを感じる場合もあります。(クリニックや個人で差あり)
麻酔の量を調整してもらえるケースもあるため、痛みに不安な方は事前に相談しておくとよいでしょう。

そして、眉のアートメイクはターンオーバーによって徐々に薄くなっていきますが、3D技法の場合は手彫りの線が消えた際にムラができやすくなります。

毛の濃淡が調整しやすい3D技法でも、眉がほとんどない人がおこなうと立体感や質感を再現することが難しいため、施術法に悩んでいる方は両方の施術に対応したクリニックへ相談してみるとよいでしょう。

4dのメリット・デメリット

グラデーション技法と3D技法それぞれのメリットを生かした4D技法は、眉デザインの幅も広いです。
3D技法の場合は元ある眉の形をベースに施術をおこないますが、4D技法なら一から理想の形を作ることが可能です。

そして、3D技法に比べるとアートメイクの持ちが良いこともメリットとして挙げられます。
アートメイクは完全に落ちるものではありませんが、数年経つと色味が抜けてしまうことも。
そのため、一度施術を行ったとしても何度かメンテナンスをおこなう必要があります。

4D技法の場合、ほかの施術法と違って傷口を増やさなくても色味を重ねることができるため、アートメークの持ちも自然と良くなります。

また、本物の眉にパウダーを乗せたような仕上がりになるため、立体感が出やすいのもメリットといえます。
眉の量が少ない方、また眉毛がほとんど生えていない人でもおすすめな技法です。
もちろん、すっぴんでも違和感のない眉デザインに仕上がります。

そして、線が消えることでムラが出てしまう3D技法と異なり、4D技法は眉の形が欠けたり左右差が出てしまっても目立たないメリットがあります。

デメリットは、3D技法と同様手彫りの施術で痛みを関する場合がある点です。
一般的に使われるクリーム状の麻酔ではなく、局所麻酔を用意しているクリニックもありますが、皮下に注入することで元の眉の形に影響を及ぼすことも。

痛みが心配な方は、予約時に使用する麻酔を確認したり、クリニックに相談しましょう。

【149クリニックを比較】3D、4Dの平均費用


施術内容やメリットが異なる眉のアートメイク。
もちろん仕上がりの好みによって3D、4Dどちらかの技法を選んでいただきたいですが、なかには費用を比較してみたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、3D、4Dの眉アートメイクの施術が可能な、149院のクリニックを調査し、平均費用を算出してみました。

3Dの平均費用

3D眉アートメイクの平均費用は、70,671円でした。
全体と回数別で見ると以下の通りです。

回数 平均費用
1回 63,929円
2回 101,328円
3回 105,154円
全体 70,671円

3Dの場合、施術回数が2回と3回ではほとんど料金が変わらない結果になりました。

回数が多いほどクリニックに通う労力はかかりますが、一度の施術の痛みが軽減され、ダウンタイムが短くなる傾向にあります。
3Dでの施術をお考えの方は、3回セットのプランがおすすめかもしれません。

4Dの平均費用

4D眉アートメイクの平均費用は、76,479円でした。
こちらも全体と回数別で見てみましょう。

回数 平均費用
1回 74,088円
2回 116,649円
3回 128,000円
全体 76,479円

4Dは、これまで述べたように3D技法のパワーアップバージョンのような施術なので、3Dよりも少し費用が高くなっています。

こうしてみると、3D,4Dの費用にそれほど大きな差はないため、価格よりクオリティ重視という方は、4D技法での施術が望ましいです。

3D、4Dの施術が可能なクリニック一覧


最後に3D、4D技法の施術をおこなっているクリニックを紹介します。
眉のアートメイクを検討している人は、クリニックの特徴も比較してみてください。

3D・4Dアートメイクはどっちがおすすめ?タイプ別アートメイクのおすすめ施術方式

同じ眉のアートメイクでも、3D、4Dともに施術内容や仕上がりが異なるもの。
先ほど挙げたメリット・デメリットを比較してみるのもよいですが、

「自分はどっちを選んだらいいのかわからない!」

なんて人もいるはず。
ここではアートメイクをタイプ別で比較、それぞれのおすすめ対象をご提案します。

少しでも費用を抑えたいなら「3Dアートメイク」がおすすめ

施術内容はもちろんですが、なかには費用面でアートメイクを検討している方も多いと思います。
4Dの場合、3D技法+αの施術なので、3Dよりも費用がかさみがち。
3D、4Dの平均費用でも紹介した通り、費用を抑えるなら3Dアートメイクがおすすめです。

また、最近では施術者(アーティスト)のレベルによって料金を選べるクリニックも増えています。
アートメイクは施術者のセンスによって仕上がりが左右されることもありますが、破格で施術を行っているクリニックは経験が浅く、見習いのスタッフが担当している場合も。

もちろん、アートメイクも費用がかかるためできるだけ安いところでお願いしたい、という気持ちもあるでしょう。
ただ、アートメイクは完全に消えないため、費用面だけで選ばず仕上がりやメンテナンスを視野に入れておくことがポイントです。

自然すぎる眉にしたいなら「4Dアートメイク」がおすすめ

仕上がり重視で自然な眉に見せたいなら、4Dアートメイクがおすすめです。
4Dの良さは、3D技法のメリットである“自然な毛流れを再現できる”ことに加え、ふんわりとパウダーを乗せたような仕上がりになること。

メイクをしていても、またすっぴんで過ごしても違和感のない立体的な眉を再現できます。

また、3Dの場合は色味が抜けた時にムラや左右差が見られることもありますが、4Dは見た目や仕上がりのデメリットがほぼありません。

眉の形を一から作り直したい人、また眉がほとんど生えていない人でも対応可能なアートメイクなので、自然すぎる仕上がりを求めるなら4Dアートメイクがぴったりです。

まとめ

従来のアートメイクよりもより立体的で自然な仕上がりが期待できる、眉の3D、4D技法。
それぞれの施術内容やおすすめの対象はこちら。

  3D技法 4D技法
施術内容 人の手で1本1本手彫りで色味を入れ、本物の眉が生えているように見せる技法 3D技法に加え、グラデーション技法を用いて眉にパウダーを乗せたように立体的な仕上がりに見せる技法
メリット 手彫りにより、本物の眉毛のように自然な毛流れを再現できる アートメイクの持ちが良くなる、眉デザインの幅が広い、さまざまな悩みに対応できる
デメリット 施術時の痛み、ターンオーバーによって色味が抜けた時の左右さ・ムラなど 施術時の痛み
おすすめ対象 眉の形やけ流れを整えたい人、部分的に眉を足したい人、すっぴんでも違和感ない仕上がりを求める人、普段メイクをしない男性など 眉の形を一から作り直したい人、よりナチュラルな仕上がりを求める人、眉の量が少ない人、眉毛がほとんど生えていない人など

ちなみに、眉のアートメイクはターンオーバーによって徐々に薄くなっていきます。
どの施術法であっても、1年に一度のメンテナンスを視野に入れておくと良いでしょう。
なりたいイメージにあわせて、施術を検討してみてください。

調査対象クリニック(149院:2020年7月時点)