医療アートメイク専門の予約ポータルサイト

アートメイクを受ける前に!失敗しないアートメイククリニックの選び方3選

アートメイク基礎知識

「アートメイクに興味があるけど、不自然にならないか心配」
「どこのクリニックで受けたら良いのか、迷って決められない」

など、アートメイクをしてみたいとは思いつつも、気になることがあってなかなか踏み切れない人も多いのではないでしょうか。

クリニックによって仕上がりや料金が違うので、何を基準にクリニックを選んだら良いか悩んでしまいます。

そこでここでは、クリニック選びで迷っている方に向けて、失敗しないクリニックの選び方や契約前に確認しておきたいこと、上手な施術者の見極め方などをご紹介します。

正しいクリニックの選び方が分かれば、納得のいくアートメイクを受けられるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

失敗しないアートメイククリニックの選び方!選ぶ際の3つの基準

アートメイクのクリニック選びでとくに大切なことは、次にご紹介する3つです。たった3つのことに気をつけるだけで、クリニック選びはとても楽になります。

①医療事業者居るクリニックを選ぶ

クリニックに医師や看護師がいるかどうかは、必ず初めのうちにチェックしておきましょう。アートメイクは美容の一環として捉えられることもありますが、実は立派な医療行為です。

そのため本来は、医師か看護師しかアートメイクの施術はできません。ただし看護師が施術をする場合は、医師の指導や管理のもとで行う必要があるので、必ずクリニック内に医師も常駐している必要があります。

まれに医師がいない状態で施術を行っている違法のクリニックも見られますので、要注意です。

②症例写真が豊富なクリニックを選ぶ

失敗しないクリニックを選ぶためにとくに重要なのが、これまで行ってきた施術の症例写真が豊富なクリニックを選ぶことです。

症例写真が多い=施術者の経験が豊富という安心感もありますが、写真が豊富にあることで仕上がりをイメージしやすいことがポイントとなります。

アートメイクは施術者の腕によって仕上がりが大きく変わるものです。慣れていない方が施術すると、左右差ができたりすぐに色が消えてしまったりします。

安いから、家から近いからといった理由だけで選ぶと、想像していたのとは違う仕上がりになってしまうかもしれません。

症例写真が豊富であれば、どのような仕上がりになるのかイメージもつきやすいですし、腕前もチェックしやすいので必ず確認するようにしましょう。

③FDA・EMA認可の染料を使ってるクリニックを選ぶ

アートメイクは皮膚の表面に針を刺し、そこから染料を入れていくものです。皮膚に染料を直接入れることになるので、染料の安全性には気をつけなければいけません。

染料にはいろいろな種類がありますが、FDAやEMA認定の染料を使っているクリニックを選ぶと良いでしょう。

FDAはアメリカ食品医薬品局のことで、医薬品や化粧品などの許可や取り締まりを行っている政府機関のことです。日本でいう厚生労働省にあたります。EMAは欧州医薬品庁のことで、医薬品の承認などを行う機関です。

FDAやEMAが認可しているということは、人体に使うことが認められた染料だと言うことができます。

さらにクリニック選びで安心できるポイント

症例写真の豊富さ、使っている染料がFDAやEMA認可のものであるなどは、クリニックを選ぶ上で必ずチェックしておきたい項目です。

これらに加えてさらに次のことも確認しておくと、より一層、満足度の高いクリニックを選べるようになります。

ランキング制度や研修制度を設けている

気になるクリニックがあったら、ぜひランキング制度や研修制度があるかを確認してみてください。クリニックによって院内で施術者のランキングを発表しているところがあります。

また施術者の腕前に応じて、ランク制度を導入しているところもあります。ランキングやランク制度を導入しているクリニックなら、施術者の腕が分かりやすいので参考にしやすいです。

その他に研修制度を設けているクリニックも良いでしょう。施術者の技術向上のため研修を定期的に実施しているクリニックであれば、技術もさることながら時代に合わせたアートメイクを施してもらうことができます。

ダウンタイム・アフターケアがしっかりしている

アートメイクの施術後は、どうしても腫れや赤みが出やすいものです。

ダウンタイムが長引くと日常生活に支障が出てしまうこともあるので、ワセリンや専用の再生クリームを用意してくれているかなど、必ずアフターケアがしっかりしているクリニックを選びましょう。

カウンセリング時にアフターケアの説明をしてくれるかどうかを確認しておくことがポイントです。

丁寧なカウンセリングをしてくれる

やはりカウンセリングはクリニック選びで欠かすことはできません。無料カウンセリングを行っているようであれば、ぜひ受けておきましょう。

丁寧にカウンセリングを行ってくれるところであれば、どのような形にしたいのかはもちろん、自分に合う形を親身になって提案してくれます。本当に良いクリニックを選ぶために、複数のクリニックでカウンセリングを受けてみるのもおすすめです。

ただしカウンセリングの担当者と施術者が別の人の可能性もあることには注意しましょう。カウンセリングを受けて「この人に施術をしてもらいたい」と思って契約したのに、施術者が違う可能性もあるのです。

カウンセリングから施術までワンストップで行ってくれるところだと、このような事態を防げます。

こんなクリニックは要注意?アートメイククリニック選びでチェックすべきクリニックの特徴

アートメイクのクリニックを探していると、料金がとても安かったり、キャンペーンやモニター募集を行っていたりするところをよく見かけます。

しかし「安いからここで受けようかな」と安易に決めてしまうと、思わぬ失敗につながってしまう可能性があるのです。

安すぎるのも危険?施術料金の妥当性も要チェック

料金を安くする理由は、主に2つあります。1つは安くすることでお客さんを増やすため、もう1つは使用している染料の原価が安いためです。

そもそもアートメイクの技術に自信があるのなら、下手に料金を下げる必要はありません。自信のなさが料金に現れていると取れなくもないでしょう。

FDAやEMAの認可を受けていない、安い染料を使用している可能性もあります。

ただし、さまざまなクリニックがそれぞれの方針で料金を設定しているため、必ずしも「安いからダメ」というわけではありません。料金だけではなく、症例写真やカウンセリング時の雰囲気なども参考にして決めましょう。

キャンペーンやモニター募集をずっとやっているクリニック

キャンペーンやモニター募集が悪いわけではありませんが、一人で施術を行っているところで長いことキャンペーンやモニター募集をしている場合は注意が必要です。一人だと周りからのフォローやアドバイスがないので、経験数のわりに技術が向上していない可能性があります。

技術向上のために施術者が成長できる環境が整っているのか、スクールに通ってアートメイクの技術を習った経験があるのかなどを確認しましょう。

技術を確認するために、クリニックや施術者のインスタグラムや症例写真を見るのもおすすめです。口コミや評判を見てリアルな感想をチェックしておくのも良いでしょう。

施術者によっても仕上がりは変わる!上手い施術者の見極め方

アートメイクは施術する人の腕前によって仕上がりが変わります。同じクリニックで受けたとしても、施術者が違えば仕上がりも違うのです。

とはいえ「どうすれば上手な施術者かどうかが分かるの?」と疑問に思う人も多いでしょう。施術者の腕を見極めるためには、毛の描き方、そしてデザインに注目することがポイントです。

症例写真は重要な判断基準!”毛の描き方”に注目

上手に施術できる人は、毛の流れを自然に表現することができます。ただ一方向に線を描くのではなく、毛の流れを意識して自然に描いてくれるのです。

毛の流れが自然であるほど仕上がりも自然できれいになります。自然な毛の流れを描ける施術者かどうかを見極めるためにも、ぜひ症例写真はしっかり確認しておきたいものです。

様々なアートメイクデザインが出来るかも注目

眉毛にはさまざまなデザインがあります。平行眉や韓国眉、太眉など、時代が変われば眉毛も変わっていくものです。

施術者によっては「このデザインは得意だけど、このデザインは苦手」というように、不得意なデザインがある人もいます。いろいろなパターンの眉毛をデザインできる人ほどアートメイクが上手とも言えるので、デザインの幅広さにも注目しましょう。

施術料金も要チェック!プロだからわかる妥当な料金は?

自分の希望通りの形で自然な毛流れに仕上げてくれるかどうかは、クリニックを選ぶ上でとても大切なことです。しかし技術だけではなく、施術料金もクリニック選びでは欠かせない要素になります。

クリニックによってピンキリ、値段だけで選ぶのはNG

クリニックを実際に探してみると、値段の幅が非常に大きいことに気がつきます。

基本的には値段と技術は比例するので、安いからといってどういった施術をしているのかも分からないクリニックを選ぶのはおすすめできません。

海外アートメイククリニックは比較的安い傾向がある

アートメイクは海外でも受けることができます。日本と比べると安い値段で受けられることが多いです。

海外で受けるのも良いですが、なぜ安いのか、どういったデメリットがあるのかまで把握しておきましょう。

安い理由は認知度や物価の違いによるもの

海外だと安くアートメイクを受けられる理由としては、アートメイクの認知度が高いこと、そして物価が日本とは違うことが挙げられます。

アートメイクの認知度が高く、受ける人が多いのでそれだけ値段を抑えて提供することができるのです。物価が日本より安いと、その分アートメイクの値段も安くなります。

ところで値段が安いことに不安を覚えることもあるかもしれません。実は日本人から見たら安いだけで、現地の人からしたら1か月分の給料の値段と変わらないこともあります。

そのため安いからといって技術や使っている染料が劣っているわけではありません。

海外だからこそあるデメリットも

海外でアートメイクを受けることには、やはりデメリットもあります。

一番のデメリットは、言葉の壁があることです。日本語を話せる施術者もいますが、どうしても細部のこだわりまでは伝わらない場合があります。

どのような染料を使っているのかが分からない点もデメリットです。またアフターケアを受けられないこと、施術後に何かあったときに対応してもらえないことも海外で受けるからこそのデメリットだと言えます。

受けたいアートメイククリニックが見つかったら!施術を受ける前の注意点

最後に、アートメイクを受けたいと思えるクリニックが見つかった後の注意点をご紹介します。

施術を受けてから「こんなことになるなんて」と後悔しないためにも、次にご紹介する3つのポイントはしっかり把握しておきましょう。

日焼けに要注意

日焼けすると、皮膚が軽い炎症を起こした状態になります。すると新陳代謝によって炎症を起こした皮膚が剥がれ落ちると同時に、アートメイクの染料を入れた皮膚も剥がれてしまうのです。

アートメイクを長持ちさせるためにも、外に出るときは日焼け止めを塗り、帽子や日傘を使って紫外線対策を行いましょう。

サウナやアルコールは控える

サウナやアルコールは、体の血行を良くする働きがあります。血行が良くなると施術部位が腫れやすくなるので避けなければいけません。

アートメイクをしてから1週間程度は、サウナやアルコールはもちろん、汗をたくさんかくような運動は避けましょう。

エステなどは時期をずらす

エステのような美容系サービスを受けると、肌のターンオーバーが促進されます。普段なら嬉しいことなのですが、アートメイクをしている場合は話が別です。

ターンオーバーの促進によってアートメイクの持ちが悪くなってしまうことがあるので、エステとアートメイクはタイミングをずらして受けましょう。

大事なイベントごとがあるなら相談しよう

アートメイクをしてから数日すると、施術部位にかさぶたができます。かさぶたが剥がれ始めると、眉毛が濃く見えるところと薄く見えるところができて、まだらになってしまうものです。

かと言って施術直後は肌がデリケートになっているので、化粧でごまかすこともできません。眉毛がまだらなまま過ごすことになるので、大事なイベントがある場合は、施術日をよく相談しましょう。

アートメイクモアでお気に入りのクリニックを見つけよう!

後悔しないクリニックを選ぶためには、とにかく症例写真を見て毛流れが自然かどうか、自分好みのデザインがあるかどうかをチェックする大切です。

そうはいっても、クリニックを1つ1つチェックしていくのは時間がかかってしまいます。

アートメイクモアなら、さまざまなクリニックの症例写真を一覧で見ることが可能です。クリニックの特徴や値段、施術者の情報なども簡単にチェックできます。

お気に入りのクリニックをぜひ、アートメイクモアで見つけてください。